MENU
法律相談のご予約

TEL : 03-6457-7863

電話受付時間:9:00~19:00(平日)
事務所での相談:11:00~20:45(平日/最終受付20:00)
上記時間外及び週末の相談:応相談

依頼から解決までに関する質問|新宿キーウェスト法律事務所【不倫(慰謝料)・離婚問題解決の弁護士】

法律相談のよくある質問

契約関係

契約関係

依頼から解決までに関する質問
依頼すれば、もう私自身が相手方と直接交渉する必要はなくなりますか。
当事務所へのご依頼後、その事件に関する連絡窓口は全て当事務所になりますので、以後ご依頼人様が相手方と連絡を取ったり交渉したりする必要は一切ございません。 特に多重債務でお困りのお客様は、債権者からの督促に悩まされている方も多いと思いますが、ご依頼後は債権者からの連絡は全て当事務所が受け付けることになりますので、精神的なご負担もかなり軽減することができるはずです。
平日の日中は仕事をしているのですが、依頼しても裁判には毎回行かなくてはいけませんか。
一部の調停事件などを除き、原則として弁護士だけで裁判期日に出頭しますので毎回裁判所にお越しいただく必要はございません。
訴訟提起後、自宅に裁判所からの手紙が来ると困るのですが。
ご依頼後は裁判所からの連絡窓口も当事務所になりますので、裁判所からの手紙がご自宅に届くことはございませんのでご安心下さい。
近い将来海外に転勤になるかもしれないのですが、それでも依頼可能ですか。
メールや電話などで連絡が取れるようにしていただければ、特に問題はございません。
もっとも、裁判所からの要請によりどうしてもご本人様の出席が必要な場合もまれにございますが、その場合は事前にその旨をお伝えします。
依頼後に私がやることは何ですか。
事案にもよりますが、ご依頼後、ご依頼人様には、事件の経緯書を作成していただいたり、重要な局面では処理方針に関する打ち合わせをお願いすることもあります。
依頼後、事件処理に関する私の意見は聞いてもらえるでしょうか。
当事務所では依頼人様の事件処理に関するご意見を最大限尊重して事件処理をさせていただいております。
特に相手方との和解が成立する直前等の重要な局面では、ご依頼人様のご意向を必ず確認するようにしておりますのでご安心下さい。
途中で依頼を打ち切ることはできますか。
弁護士委任契約の途中解除は可能です。 もっとも契約解除の原因によっては、それまでの事件処理に応じた弁護士費用のお支払いをお願いすることもございますのでご了承下さい。
事件の経過報告はどのように教えてもらえるのでしょうか。
民事訴訟における裁判期日終了後や、交渉事件における相手方と交渉後、原則メールにて事件の進捗状況などをお伝えします。また、ご依頼人様からの事件に関するお問い合せにも随時応対致しますので、どうぞお気軽にお問い合せ下さい。
訴状や準備書面などの書面はもらえるのでしょうか。
当事務所では、これらの裁判記録をご依頼人様と弁護士が共有することが事件の処理を担当させていただく上で極めて重要と考えておりますので、裁判所に提出し又は相手方から提出された訴状、答弁書、準備書面から書証に至るまで全ての裁判上の書面を、原則PDFファイルにてご依頼人様にお送りしております。