MENU
法律相談のご予約

TEL : 03-6457-7863

電話受付時間:9:00~19:00(平日)
事務所での相談:11:00~20:45(平日/最終受付20:00)
上記時間外及び週末の相談:応相談

弁護士澤藤亮介の詳細情報|【無料弁護士相談】不倫(慰謝料請求)・離婚なら新宿キーウェスト法律事務所

弁護士澤藤亮介の詳細情報

自分年表

1975.5
誕生
1982.4
都立戸山高等学校入学
小学校から始めた野球を高3の夏まで続けていました。
1995.4
早稲田大学法学部入学
1浪の末入学。法学部でしたが、歴史が好きだったため考古学のサークルに入り、発掘のバイトをしていました。
1999.3
早稲田大学法学部卒業
大学2年の秋から司法試験の勉強を始めました。卒業後は、ウィークリーマンションで住み込みのアルバイトをしながら試験勉強を続けました。
2000.11
司法試験(旧試験)最終合格
3回目の受験で無事合格することができました。
司法修習は1年先に延ばし、予備校講師などの仕事をしました。
2002.4
司法修習開始
実務修習では岡山に赴任しました。岡山は今でも第2の故郷です。
2003.10
都内事務所で弁護士勤務開始
築地に近い事務所だったのでよくランチを食べに行きました。
様々な分野を扱う事務所でしたので、民事、刑事事件を一通り経験することができました。
2006.11
弁護士登録を抹消して海外留学(1年間)
独立開業するか迷った末、海外留学に行くことにしました。
語学留学で終わってしまいましたが、世界各地を回ることができました。
2008.8
都内事務所で弁護士勤務再開
2010.6
現事務所を開設して独立
最初は西新宿で開業しました。
「キーウェスト」は、留学中に訪れた米フロリダ州キーウェスト島がヒントで、「西」新宿にある、事件解決の「鍵」となるような法律事務所にしたいとの想いを込めて付けた事務所名です。
ちなみに当事務所のロゴもキーウェスト島特産品「キーライム」というライムからのアイデアです。
2013.4
現在の所在地(新宿三丁目)に移転
飲食店が多いエリアなので、新規開拓を楽しんでいます。詳しくは

弁護士澤藤亮介の思い

資格を取ろうとしたきっかけ
子供の時、「太陽に吠えろ」などの刑事ドラマが好きでよく見ていました。
将来は刑事みたいな緊張感があり、誰かのためになるような仕事がしたいと漠然と思い始めていました。
中学の時、司法試験の存在を知り、同じような司法関係の仕事につけること、当時最難関と言われていた試験を自分の限界に挑戦するためにも受けてみたいと思うようになりました。
試験中に考えたこと
特にどのような専門を持ちたいという希望はありませんでしたが、昔から自分は「鶏口となるも牛後となるなかれ」ということわざが自分に合っていると思っていましたので、大きな事務所よりも町医者的な小さなところで、色々な事件を解決できるような弁護士になりたいと思っていました。
弁護士になってから考えたこと
様々な事件をやっていく上で、どのような種類の事件にも言えると思ったのが「顧客との相性やコミュニケーションがスムーズだと、事件の結果も必ずいい結果となる」ということ。
ですので、事件自体の難しい簡単に関わらず、まずは自分のお客様との良好な関係を築くことが、事件に取りかかる上で一番大事だと今も思って実践しています。
また、ご相談に来るお客様の大半は既に精神的に疲弊していることが多いと感じており、少なくとも自分とのやり取りで、更なるストレスを与えることのないように配慮して進めて行くことも弁護士の大事な役割だと思って担当しています。
事件の担当をしていますと、その分量や責任が重くて辛いと思うこともありますが、一つの事件が終了してお客様から御礼を言われますとその一言で救われ、弁護士冥利につき、また次を頑張っていこうとやる気が出るようになります。
離婚案件についての取り組み
結婚後の様々な状況の変化・心境の変化で離婚を考え決意することは、男女の関係で絶対はない以上やむを得ないことだと思っています。現在の離婚法制では、一方がNOと言っていますとなかなか離婚は難しいですが、一度決意した離婚の決意を実現させ、形骸化した夫婦関係から解放するサポートをすることが自分の役割だと考えています。

現状では、判決で離婚を取ることはなかなか大変です。そのことを踏まえて離婚という大きな目標を獲得するために相手方との交渉において、まずは条件の話に持って行くよう努めることが重要だと考えています。
次に条件面の話を進める際に一番大事なのは相手方において、何が離婚の支障になっているか、どこに重きを置いているかを知って交渉に臨むことです。そのためには、なるべく相手方の主張を聞き、相手方のことを良く知って理解しなくてはならないと思っています。